×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「華代ちゃんシリーズ」



「華代ちゃんシリーズ番外編」
「ハンターシリーズ」
「いちごちゃんシリーズ」

作・真城 悠

「ハンターシリーズ05」
(「いちごちゃんシリーズ」)

『いちごちゃんベースボール!』
作・真城 悠 

 俺は「ハンター」だ。
 不思議な能力で “依頼人” を性転換しまくる恐怖の存在、「真城 華代」の哀れな犠牲者を元に戻す仕事をしている。
 最終的な目標は、「真城 華代」を無害化することにある。
 とある事件――というか「華代被害」――に巻き込まれた今の俺は、15〜6歳くらいの娘になってしまっている。その上、ひょんなことから「半田 苺(はんた・いちご)」を名乗ることになってしまった。
 華代の後始末の傍ら、なんとか元に戻る手段も模索している。

 さて、今回のミッションは……


「へへ……っ、まかせとけ」
 彼女はにやりとした。
*このイラストはオーダーメイドCOMによって製作されました。クリエイターの八桁さんに感謝!
「いちごちゃ〜ん! 頑張ってえ〜!」
「かっとばせー!」
 後ろから秘密組織「ハンター」に勤める仲良しOL二人組、水野さんと沢田さんが応援してくれる。
 今日は「ハンター」の紅白対抗草野球の日である。
 ……組織についてあまり深いことを考えてはいけない。
 「いちごちゃん」こと「半田 苺(はんた・いちご)」は、ダブダブのユニフォームに身を包んでバッターボックスに向かっていた。
 ダブダブのユニフォームに後ろに縛った長い髪。寸詰まりに見える上半身に余計に大きく見えてしまうその胸。
 目深にかぶった……というより頭が小さいので落ち込んでしまうヘルメット。
 それらの要素が合わさって、半端な女装(?)なんかよりもよっぽど可愛らしく見えるいちごだった。
 振り回されているように見えるバットをかつぎ、構える。
 キャッチャーがカマをかけてきた。「やめとめやめとけ。その身体じゃ振り回されてるぞ」
「うるせー。お前こそパスボールに注意しとけ」
 ズバン! とミットに突き刺さる投球。
「――ットらーイク!」
 憮然としてバットを下ろすいちご。
 ピッチャーに投げ返すキャッチャー。
「汚ねえな」「思いやりだよ」
 ベンチ側では女性軍がぶうぶう言っている。女の子をいじめるな! だそうだ。
 うーん、応援してくれるのは嬉しいんだけど……と、再びバットを構えるいちご。

 それにしても……胸が邪魔だな。

 ぐわっ! と伸びた球が、その胸に向かって飛び込んできた。
「うわっ!」
 バットを放り出して倒れこんでしまういちご。
「きゃー!」
 騒然となるグラウンド。
 OL二人組も駆け寄ってくる。
「……なんて球投げるのよっ!」「顔に傷でもついたらどーすんの!」
 水野さんに沢田さんがプンプン怒っている。
「ふう……、なかなかやってくれるじゃねえか――」
「へっ! ブラもまともにつけられない女は野球なんか出るなってこった」
「何だと!?」
 やってきたピッチャーに思い切りガンを飛ばして立ち上がるいちご。

 ……頭二つは違う。くそーっ。

「けっ! 今日は違うんだよ! お前らが股間を守るのと一緒でスポーツブラしてんだ!」
 考えてみれば、何と恥ずかしいことを大声で言っているのか。
 声の主がこの組織の “マスコット” だから許されるが、元の中年男だった日には――
「へー! それじゃ見せてみろよ」
「あーいーさ! 見てほえ面かくなよ」
「いちごちゃん! 止めなさいよ!」
「そんな挑発に乗ること無いわ!」
 二人の制止も聞かず、ユニフォームの前ボタンを次々外していくいちご。
 そして……思いっきり前をはだける。
「どうだっ!」


「今度は三日も出て来てないが……何があったんだ?」
「はあその……(ごにょごにょ)」
「ふん……それで?」
「それが、もらいものだったらしくてブラの前が壊れてて――」
「まさか……」
「はあ、そうらしいんですよ」
「それでどうなった?」
「何でもとても綺麗な形だったとか――」
「そんなことは聞いとらん」

「……いいから出させろ。もうすぐ健康診断だ」