×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「華代ちゃんシリーズ」



「華代ちゃんシリーズ・番外編」
「ハンターシリーズ」
「いちごちゃんシリーズ」

作・真城 悠

ハンターシリーズ11
(いちごちゃんシリーズ)

『いちごちゃんファイト!!』

作:真城 悠


 俺は「ハンター」だ。
 不思議な能力で “依頼人” を性転換しまくる恐怖の存在、「真城 華代」の哀れな犠牲者を元に戻す仕事をしている。
 最終的な目標は、「真城 華代」を無害化することにある。
 とある事件――というか「華代被害」――に巻き込まれた今の俺は、15〜6歳くらいの娘になってしまっている。その上、ひょんなことから「半田 苺(はんた・いちご)」を名乗ることになってしまった。
 華代の後始末の傍ら、なんとか元に戻る手段も模索している。

 さて、今回のミッションは……


 ふうっ、今日は珍しく何も起こらないな……

 いちごはミッションの帰りだった。今日は何の滞りも無く「華代被害」の被害者を元に戻せたのだ。
 ……と、何やら不穏な光景が目に入った。
 道端でおとなしそうな女の子が、柄の悪そうな男に絡まれているではないかっ!
「ねえねぇ〜ちょっとぐらいいいじゃんかよぉ〜」
「や、止めてください……」
 知能指数が二桁あるのかどうか怪しい馬鹿面(づら)だった。……ミッションとは関係ないが、やらずばなるまい。
「おいっ! そこの間抜け!」「ああ〜ん、……なんだぁ?」
 いきなり声をかけてきた相手が15〜6歳の少女だったことで、なめてかかっているらしい。
「いいから離れろ。……今ならそれだけで許してやる」
 これはあながち冗談ではない。いちごは見かけは少女でも、その戦闘力はグリーンベレー並なのだ。
「うるせえ!」
 いきなり掴みかかってくる男。
「やれやれ……」
 一分も経たないうちに、その男は地面に伸びていた。
 うかつに話し掛けられないよう、すぐさま気絶させることも忘れない。……前回の二の舞はごめんだ。
「ふうっ。……おい、大丈夫か?」
 そして、少女の方に声をかける。
 彼女はうるうるした目でいちごを見詰めていた。


「また引き篭もっとるのかあいつは……」
「はあ。また人助けをしたらしいんですが――」
「また告白されたらしいんですよ」
「人気あるな……」
「……助けた女の子になんですけど」
「は?」
「しかも文学少女だったらしくて、毎日のように『愛しのおねえさま』から始まる手紙が届くとかで――」

「いいから連れ出せよ。備品運びの雑用があるんだから……」