×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

シェアード・ワールド設定

 「華代ちゃん」「フォスター」などと同じく「シェアードワールド」化させて頂きます。
 つまり、この「いちごちゃん」を初めとしたハンターたちというキャラや世界観を使用して、独自に小説、漫画、イラストを書いていただくのにいちいち許可を取ったりしなくても結構ですよ、ということです。
 唯一の条件は、「ハンターシリーズ」の作品ではタイトル後にでも、以下の文章を掲載していただく事です。内容が同じなら、文面が少々違っていても構いません。

※ハンターシリーズの詳細については、以下の公式ページを参照して下さい。
http://hunters.nomaki.jp/

 

真城華代とハンター組織

 “困っている”人の元に出現し、名刺を差し出し、「悩みを解決する」と言って依頼者やその関係者を性転換させてしまう小学校低学年くらいの女の子。
 それが真城華代です。普通は白い服を着ていることが多いのですが、これは絶対ではありません。その外見年齢は(同一人物に見えるものの)6〜10歳とばらつきがありますが、目撃証言だけで十数年前から存在していることが確認されているので、外見どおりの年齢でないことは確かです。

 真城華代の特徴は、事態の優先順位の判定基準がデタラメで、笑ってしまうほど強引な理由で、こじつけとしか思えない性転換劇を引き起こすという点にあります。(勿論被害者にとっては笑い事ではないのですが…)また、性転換後は一般的に容貌がよくなる傾向が(男女の違いの為に比較は難しいでしょうが。)ありますし、何らかの特殊能力が追加で賦与される場合もあります。

 人類は過去、かなりの長期間に渡って真城華代(やその同類)の被害に晒されてきました。それでも人類全体が性転換を受けるようなことが起こらないのは、その事実を知る限られた人間たちが対抗組織を作ってきたためです。
 この組織は現在ハンター組織と呼ばれています。数万人から数十万人に一人の割合で生まれる真城華代の能力を打ち消すことができる人間(ハンター)を独自のノウハウで探り出してスカウトし、真城華代の被害を「還元」していくのがその任務です。

 現在では、ハンター組織が「華代ちゃん探知機」を開発したため、「還元」の効率が格段によくなっています。これは真城華代がその力で性転換を発動した場合に、それを探知するもので、一応“前兆”の探知も可能です。理論上の距離制限はないのですが、「華代ちゃん探知機」が反応しない事例は少数ながら存在します。

 なお、ハンターが真城華代の被害を受けた場合、(基本的に)ハンターの能力で「還元」することはできません。ハンターは必然的に真城華代の被害の渦中に突っ込んでいくことになるため性転換することが多くなるのですが、元に戻れないため性転換の被害者は増える一方です。最近は、「華代ちゃん探知機」が捉えた“前兆”で出動することも多いので、巻き込まれて被害を受けることも多くなっています。

 勿論、ハンター組織の最終目的は真城華代の無害化ですが、現在のところ成功したことはありません。また、無害化作戦の失敗は非常に高くつきます。(最低でも作戦実行者は性転換(ないしそれと同等)のペナルティーを受けます。また、「縁起が悪い」と欠番になっているコードは、世界から存在そのものを抹消されたハンターが使っていたものだった、という噂もあります。)そのため、真城華代の無害化させる試みは特別に作戦を立案出来た者が志願制で、自己責任の元で行われることになっています。

(この項作成協力・ELIZAさん)

いちごちゃんシリーズ

 「かつて男であった秘密組織の工作員が、とあるきっかけで少女に変えられてしまい、仕方なくそのまま働いているが、その可愛らしい姿ゆえ、いつもいつも“ちょっぴり不幸”な目に遭う」というライトギャグコメディ。

 ・・・というのが「いちごちゃんシリーズ」の骨子です。
 お話しの基本的なパターンは、アップされている作品群 をお読みになっていただくのが一番早いでしょう。
 元々「華代ちゃんシリーズ」の番外編で登場した「ハンター」のその後を描くという連作からスピンアウトしたのが本作です。
 お陰様でそれなりの人気を博させていただきました。よってここに「ハンターシリーズ」「いちごちゃんシリーズ」を統合する形で『(新)ハンターシリーズ』 として確定させて頂きます。

 

(新)ハンターシリーズ

 「華代ちゃん」「フォスター」にはかなり確固とした「体裁」がありますが、「ハンターシリーズ」は特にそういった制限はいらないと思います。実は「華代ちゃん」のあの「前口上」も任意なのです。別にオリジナルでもいいんですよ(^^。
 ここまで読んできてお分かりの通り、「華代ちゃんシリーズ・番外編」であることすら断る必要はありません。ですからタイトルは「ハンターシリーズ『○○』」という形だけで結構です。「華代ちゃんシリーズ・番外編」といった記述は煩雑になりますし、必要ありません。いずれにせよ設定を参照しようという方はこのページに飛んでくることになる訳ですから。

 まあ元々「華代ちゃんシリーズ・番外編」ですので、「華代ちゃんの被害者を元に戻す」のが任務(ミッション)ですが、別にミッション出てこなくてもいいです
 現に真城作の「いちごちゃん」はミッションしてる事のほうが少ないくらいで・・・。
 ですから「華代ちゃん」が直接出なくても、「華代ちゃん被害」とかかわりが無くても全く構いません。「生活ギャグ」みたいなのでも全く問題無し。
 というか「この世界観」全体をどうぞご自由に使用して下さい、ということなので「いちごちゃん」が他の作品にこっそりゲスト出演、などもまるっきり野放しです。どうぞどうぞ。・・・あ、勿論ミッションやっててもいいですよ(^^。

 以下は駄文です。
 読まなくても結構ですが、フォーマットそのものを利用するために知識(?)を深めたいという方は、作品をお読みになると同時に是非どうぞ。

・「何を起こしてもいいけど、「いちごちゃん」が元に戻らない事」
 ちょっとヒドイですけど(爆)、これは守ってください。
 「華代ちゃん」と同じく「どこから読んでもどれを読んでも読める」のが理想です。ですからいちごちゃんの悩みは永遠に解決しません(TT。
 ただし、本編中に一時的に戻ったりするのは構いません。その場合は最後「折角戻れたのに結局また女の子になっちゃったいちごちゃん」というオチが待っている訳ですね(^^。

・「最後にひきこもる」
 これは別に決まっている訳では無いんですけど、定番のオチです。ここで笑わせる、ということですね。ここはセンスが試されます。腕の見せ所ですので頑張って下さい(^^。
 ちなみに会話しているのはこの組織のボスと部下A・・・か誰かでしょう(適当)。

・秘密組織「ハンター」の設定
 適当でいいです。
 ・・・で終わってしまってはあんまりなので少しだけ。
 いちおう「人類が「真城華代」に対抗して組織した最後の希望」とか最初は言っていた気がしますが、他の諜報活動などもいちおうやっているみたいです。CIAみたいな感じなんでしょう。
 どうも秘密組織のくせに労働基準監督署の監視下にあり、やたらと規制がかかっていたり、経費の領収書ケチったり、妙に「セコイ」のがポイントです。
 ここをあんまり細かく設定すると多くの方が書かれた時に設定の統合で苦労することになりますので、まああんまり深く考えない方針で・・・。
 判明していることと言えば、事務職にOLの「水野さん」と「沢田さん」がいることを始めとしてこれまでに発表された作品 から読み取れる情報ということになります。
 ハンターのナンバリングですが、厳格な投稿管理体勢 が確立されたことに伴いまして「かぶり」は厳禁の方針でお願いいたします。

 また真城自身が使いたいので、出来たら1桁台のハンターはご遠慮頂きますと助かります(^^;;。

・自爆コメディ
 いちごちゃんの「不幸な目」とは具体的に何でしょう?
 まあ色々ある訳ですが、折角「元男」という設定があるので、ひとひねりした「自爆」シチュエーションは笑えるかと思います。
 例えばいつもは嫌がってるのに、ちょっぴり自分の姿に酔って誰にも見られない様に女物を着てみて鏡に向かってポーズを取った瞬間に踏み込まれる、とか。
 ちょっと試してみたくて・・・口紅を塗った瞬間に・・・とか。ちょっと女言葉使ってみて・・・とか。
 沢山ありますが、この「自爆」は結構面白いと思っております。

・「ハンター」任務
 元々「華代ちゃんシリーズ・番外編」ですので、「華代ちゃん」の既に存在するエピソードの後日談、或いは直後などに「いちごちゃん」が登場するお話は面白いでしょう。その場合は、

*この回「○○」(リンク)の後日(前日)談となります。先に(後に)お読みください。

 といった但し書きを入れれば、「ジャンル・クロスオーバー」の醍醐味が味わえます。
 言うまでも無いことですが、自分で書いたエピソードならともかく、他の方が書かれたものの「後日談」を創作する場合は、その方の許可を取るのがマナーだと思われます(私の「追跡者」は原田聖也さん「固茹」の続編ですが、許可を頂いています)。

 「設定」は以上です。どうぞガンガン書いちゃって下さい。
 また、「こういうことをしていいですか?」といったお問い合わせを真城にして頂く必要はありません。もう私の手を離れた物と思っておりますので(ただし当サイトに投稿される場合は、運営委員により一応のチェックをさせていただくことになります)。
 ただ、一作でも多く読んでみたい、と真城も考えておりますので、当サイト あるいは「少年少女文庫」さまに投稿して頂くか、掲載したサイトを掲示板メールで報告して頂きますと真城が喜びます(^^。
 では、頑張って下さい。



トップへ戻る